イケメン追っかけブログ♪

福士蒼汰くんを中心に、興味のあるイケメン(+美女)やドラマについてつらつら綴っています♪


楽しみにしていた今日の(もう昨日ですが)のA-Studio。
あの勝地涼さんがゲストです

とか言って、朝ドラを見る習慣がないので、前髪クネ男、初めて見ました。
すみません。

いやいや。
でも『宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD』リスナーとしては、食いつかないわけにはいかないでしょ、てことで。
エピソードは、ラジオ等で聞いたことある内容がけっこうありました。


そして今日の話の中でも出てきていた、歌手・勝地涼さん。

宮藤さんの番組の中のコーナーで、リスナーから歌詞を募って、プロのミュージシャンのかたが曲をつけて、すでに2曲リリース済み。
いや~、それにしても、まさかこんなメジャーな番組の中で、ドラティが、下駄が、紹介される日がこようとは。
プロデューサーの宮藤さんがAスタ出たときだって、まったく触れなかったというのに。



1曲目の<ドラゴン気取りのティーンネイジ・ブルース>
PVがこちら。



調子っぱずれが何とも言えずステキです。



番組では、現在3曲目を製作中。
作曲はクレイジーケンバンドの横山剣さん。
歌い手は、もちろん次も勝地涼さんです。
ちなみに今回のアーティスト名は、<勝 勝次郎>に決定。
勝新、みたいな感じで、カツカツ、って呼ぶんだそーです。
毎回名前が変わるから、毎回ファーストシングルです。




◆1曲目の『ドラゴン気取りのティーンネイジ・ブルース』 
作曲:YO-KING(真心ブラザーズ) 歌:涼 the graduater

キャッチコピーは「弟になってもいいですか」

http://recochoku.jp/artist/2000202156/

https://itunes.apple.com/jp/album/id834912556
ドラゴンhttp



◆2曲目の『下駄を鳴らしてセプテンバー』
作曲:向井秀徳(ZAZEN BOYS) 歌:ラブ地涼 feat.中島美嘉

キャッチコピーは「俺、歌うまくなっちゃった」

http://recochoku.jp/song/S1000871573/
https://itunes.apple.com/jp/album/id929395376
http://mora.jp/package/43000001/4560427283951/
60441-1021gshttp
まさかのfeat.中島美嘉。
中島美嘉さんが振り切っててサイコーです。



2曲合わせて1万ダウンロード達成で、3曲目のリリースが決まる、ということで、毎週ダウンロード数を発表中。
ご興味のある方は、よろしければダウンロードなどよろしくお願いします
って、私は一体何者なんだ(笑)


ストロボ・エッジの公式ツイッターで初めて知った肩ズン、という言葉。

肩ズン。

多くの方が感じてるんじゃなかろうかと思うけど、なんだかあまりピンとこない。
肩ズン、って壁ドンほどは的確に状況を表してないと思うし。
ズン、っていうとわりと力強く頭をめり込ませるみたいな感じがする。
語呂もあまりよろしくないのではないかと。
そもそもズン、って響きが可愛くないというか。

なんか普通に、

電車の中で、肩に頭もたせかけられてドキドキした。

とか、

急に、疲れたーって肩に頭のっけてこられてキュン。

とかって言葉で表現したほうがいい気がするんだけど。

そういえば、このまえ『キスマイBUSAIKU ! ? 』で見たけど、さらに顎ズンなるものもあるんですか?
って、ズンはやだってば。
CA2Xl11UgAAdmlEn
これが肩ズン…??
普通に、
肩にもたれかかって寝ちゃった、
寄りかかってこられて緊張した、でも寝顔可愛かった、
とか今までどおりでいいでしょ!
なんでも名前つけりゃいいってもんじゃないぞ。



顎クイなんていうのもありますよね。
ウロボロスでも小栗旬さんが、コスプレ・壁ドンダブル・顎クイと過剰なほどサービスしてくれてたけど(顎クイは旬さんがするんじゃなくてされてたほうですが)。

でも顎クイは、壁ドンのような汎用性がないかな?
壁ドンは、イケメンでありさえすればどなたがやっても構わないんですが(私基準)、こちらはSキャラ限定な感じ。
田之倉くんも壁ドンはやっても顎クイはやらなそうだもの。
顎クイhttp

あ、そういえば、『炎の体育会TVSP』での旬さんの連続壁ドンはサイコーでしたね。
もう大笑いした!!
でもきっと実際されたら、あんなふうに腰抜かしてしまうんだろうな~。



田之倉くんのキュン仕草といえば、頭ポンポンも外せないですねー。
まあ、個人的にはそこまで好きな仕草でもないんですが。
とか言いつつ、握手会の時は、蒼汰さんに頭ポンポンしてもらったんですけどね(笑)

それで友達に

「さっき福士蒼汰に頭ポンポンしてもらってきた!」

ってメールしたら

「ギャー頭ポンポンスゴーイ
めっちゃうらやましい

って返事がきたので(笑)やはりテッパンではないでしょうか。



そして、田之倉くんの壁ドンは、世紀に残る名シーンかと思いますが(笑)、ストロボのは、あまりにCM等々であのシーンが流れまくってて、目にしまくっていたので、いざ映画館で見ても、なんかもう感慨深くなかったというか。
あ、これね、みたいな。

それに壁ドンは空間のある教室より、もうちょっと狭いとこでやってくれたほうが雰囲気が出ると思うのですよ。
雑居ビルの間の狭い路地とか??(笑)
会社の給湯室とか??(笑)
だからエレベーターの中って最強だったと思うんですよねー。
しかも扉開いたら逃げ道もあるという、程よいゆとりと言いますか、追い詰めすぎない、そのバランスが絶妙なのだ。
かべどんk800n
予告動画であらためてこのシーンを見直したら、かなり勢いよく来てガンッ、てやってますよねえ。
実際これをされたとしたら、なんか結構こわいかも。
やっぱり私は田之倉くんバージョンのほうが好きだ(笑)
壁ドンhttp
やっぱりこっち



ところで。
壁ドンという言葉を初めて知ったのは、NHK Eテレの「Rの法則」という番組でした。
10代の子たちが気になる話題についてリサーチ&トークする、という感じの番組なんですが。
たまたま見てて、もちろんこのシチュエーション自体は前からあるものだし知っていたけど、いつのまにやらこんなネーミングがついてたの??、って。


そういえば同じEテレの「スクールライブショー」という番組で、ちょっと前にダブルダッチについて取り上げてて。
ダブルダッチといえば、蒼汰さんが青春を捧げてた(?)という競技じゃないですか。
いまいちよくわからないこの競技、これは勉強しないといかんでしょ、というわけで2週連続で翌週も続きやるというので、録画して見た。

そもそもダブルダッチ部というのが学校にあること自体珍しいというか、都会の学校って感じがするなあ。
私の通ってた学校にはもちろんなかったし、まわりでも聞いたことなかったわあ。
って、蒼汰さんが東京のどのへん出身かとか知らないですけど(笑)

競技者の人たちは、ファッションも込みな感じで、こりゃキャラ的にも華やかな人じゃなきゃ出来ん競技だな、などと思っていたところで、運動神経系というより、頭脳派タイプのチームが登場。
失礼ながら、それほど運動神経達者なほうには見えない感じの男子学生たち。
顧問のセイセイが、なんか数式を駆使して、完璧な動きをするロープの操作を指導してました。
おぉ、他のチームから伝わる<仲間との絆と情熱>的な雰囲気とはひと味違う。
芸術的なロープさばきに惚れぼれしつつ、興味深く拝見いたしました。

蒼汰さんのおかげで新しいことに興味がもてたことに感謝。
蒼汰さん、もしかしてこの番組見てたりしないかしら??

そういえば番組のエンドロールに「日本ダブルダッチ協会」というのが出てきて、そんなのあるんだー、とちょっと調べてみたら、会長が何故かマラソン解説者の増田明美さんでびっくりした。って全然関係ないですね


先日(というか、もう2週間以上たってるけど)、『ストロボ・エッジ』観てきました~。

映画を観た感想はというと。

最初から最後まで、安堂くん、素敵な子だなあ、と。

わー、福士くん、ごめんなさい(笑)
いや、これはきっと好みのモンダイだろうと思うんですけどね(もちろん役のキャラクターのことです)。
わりと最初のほうの段階で、蓮くんの言動に、うーん、と思ってしまったんですよねー。


文化祭の買い出しに、蓮くん、仁菜子、安堂くんで出かけることに。
買い物の途中で蓮くんの彼女の麻由香と遭遇。
そこで彼女が合流して、カフェで一緒にお茶したり。

安堂くんは、ふたりの仲良さそうな様子を見ているのがつらそうな仁菜子に気づいて、蓮と麻由香には気づかせないように、軽ノリぶって仁菜子を連れ出してくれます。
ちょっと安堂くんたら、気がつくいい子だなあ、と。

告白されて振ったんだから、やだろうなーとかふつう想像つくよなあ。
友達としてこれからも仲良くしてね、と言われたの、ホントに額面通りに受け取ってたんだろうか、蓮くんは。
気まずくなったり、話せなくなったりしたくない、というコイゴコロゆえというのに全く気付いてない?
ドンカン過ぎるぞ!

ま、これで終わってたらいいんだけども。
気づく気づかないは人それぞれ、その時々だし。

ところが翌日、わざわざ安堂くんを待ちぶせして、

木下さんは、おまえが今まで遊び半分で付き合ってきた子たちとは違う。
おまえの軽いノリに彼女を巻き込むな。

とか言うんですよねえ。
自分のほうがドンカンなのにそれに気付かず、安堂くんに、おまえの言動は軽薄だ、って説教しちゃうんですよ!
うーむ。

もちろん安堂くんは、

仁菜子ちゃんはおまえのことが好きなんだから、彼女といるとこ見るのつらいに決まってるだろ。
あんまりせつなそうで見てられなくて連れだしたんだよ。

などと説明したりしないとこが、またかっこいいぞ。

この件だけでなく、全体的に蓮くんは優しさの発揮の仕方が微妙にずれてるような。
ま、それを知っていって、大人へと一歩近づく、というのがこの映画のテーマではあるんですが。

でも蒼汰さん、一之瀬蓮が理想の男性像って言ってたと。
さりげなく気遣えるところ、さりげない優しさがかっこいい、って。
しかし。
映画で観る限り、蓮くんて、どうにも相手の望まない優しさ押しつけ系な感じに思えてしまう…ああ、どうしよう(笑)
私はどうしてこうも好きな方と考え方が合わないのかしら(笑)

CBEwAbmUwAATwkkm


でもでも。
バイト先でのギャルソンスタイルがとにかくカッコよすぎた☆
出てきた瞬間、

うぎゃ~っっ、なんすかこれ!!
過去最高にカッコよくないか?!

と、心の中でお祭り騒ぎ。
あーいう格好って、だいたいの人が素敵に見えるけども。
しかし。
イケメンがやると、もう本当にありえんくらいカッコよくなりますねえ
うっとり
白シャツ×ベスト=最強

CA_m_szUsAE8ogDnn
この姿ポストカードとかにしてくれないかしら~。



そして、Web上でも、ストロボ関連のインタビューがいろいろ出ています。
その中で気になったのが、有村花純ちゃんとふたりでのインタビューの中でのこの質問。

・おふたりとも本当に多忙ですが、仕事をする上でのモチベーションの保ち方ってありますか?

という、質問に対して、

「あまり忙しいとは考えないです。
単純に今やらせていただいていることが楽しいです。
忙しいから大変というのではなく、「忙しいから人に会える、いろんな経験をつめる」と思っています。
僕は家に1人でいるほどつまらないものはないと思っていて。
もちろん勉強とか自分の好きなことを高めているときは別ですけれど、何もしていないよりは、今みたいに人と話してる時間のほうが充実していると感じています。」

と答えていました。

え??っとひっかっかったのがココ。

<家に1人でいるほどつまらないものはないと思っていて>

うわー、全然理解できない(笑)
なんとなく1人でいたい時とかないのかなー。
1人で何するっていうんでもなく、だらだらしたり、お菓子食べたり、DVD見たりするのって楽しくない?(笑)
勉強してるのはいいんですけど、って、時間を常に有意義に使いたいという。
理系の人って感じだな~。
常に吸収ばっかりしてたらしんどくならないのかしら??
たまにはゆっくり自分の内面を見つめなおす的な時間とか…って、激しく余計なお世話ですね(笑)

たてた目標に向けて計画的な努力を積み重ね、目に見える形での成果を上げて、日々自分の成長を実感できる、というのが性に合っている、ということなんでしょうね。

文系女子が理系男子を理解することが出来ることはないのかしら??(笑)
蒼汰さん、いつまでもミステリアスでいてくださいませ。


こちらのインタビューです。
http://news.livedoor.com/article/detail/9881326/?p=2

ストロボツーショットmf


『VOGUE GIRL』は、もうもちろんチェック済みですよね??
『L'UOMO VOGUE』のアザーカットを掲載ということで気になってたの、やっと見れました。

こういう本気のファッション誌のグラビアって、衣装もちゃんとワンカットづつ違ってて、いろんな姿を見られるのが嬉しい。
そしてその衣装が、読者の懐事情とか全く気にせず、完璧な観賞用としてハイブランドのいちばん素敵な服をあてがってくれてるとこがいいんですよねー。
かっこいい人を、余計なこと考えず全力でかっこよく仕上げてくれる感じ
写真自体も写真集みたいにキレイで。
等身大の姿というより、内にある色気を引き出して撮ってくれるのがいいですね

ご本人も気に入っておられた白のコート。
王子様気分って言ってたけど、そう、白は王子様カラー。
花男での花沢類の小栗旬さんも、白スーツキマってたもんな~。
ファーマル系の白は難しいんですよ!
お笑い芸人かチ○ピラみたいになってしまう危険性あり。
白をコントみたいにならずに着こなせる人ってそうそうおられません。

CAwB-o8WQAEdqR8kchttp800
スーツでこんなに脚開いたら、ビリッっとかならないのかな、とか余計なことが気になったり。

いやいや、それにしてもこの佇まい。
21歳とは思えぬ色気ですわ。

数年前までファッションにはあまり関心がなく、母親が買ってきたのとか着てた、って話をされてました。
数年前って、高校生くらいのころですよね?
その年頃になると、普通洋服は自分で選ぶよねぇ。
おかーさんの買ってきた服を黙って着てるって、やっぱり蒼汰さんってマザ…
おっと、話題変えましょ(笑)


映画が公開されたあとも、相変わらず番宣が続いていますが、全然見られてない~。
録画が溜まる一方…。
あの4時間のバラエティとか、見る根性も時間もなかなかなくて。
ところでああいうタイプの番組って、編集にホント困りますよねー。
合間にチラッと映ったりするもんだから、ばっさり切ることも出来ず。
でもいよいよHDDの容量が限界なので、なんとか整理しないと。


オフィシャルウェブサイトのトップページ。
カレンダーとバースデイイベントのバナーが重なってしまっている上に、福士くんの顔の上にかぶってしまっているというありえん事態に、スタッフさん早く気付いてくれないかと思っていたら先日ようやく直っててひと安心。
って、これって、パソコンからだけだったのかしら??




ところで、先日こんなものをもらってきました。
IMG_2443kan
SEIKOのWIREDのパンフレット♪
この広告のお写真はすごくかっこいいですよね~。
ぜひとも手元に残しておきたいイッピンです。

時計店の前を通りかかった時に、WIREDのイメージキャラクター、3月からって言ってたけど、パンフとかないのかしら??とのぞいてみたらありました。
お店で見かけたときこう↑並べてて、表紙違い♪と2冊取ったら、お店に人に「内容同じですよ」って言われたけど、「大丈夫です~」と言ってもらって帰った。
で、あとで見たら、表表紙、裏表紙、で同じものでした。
大丈夫ってなんなんだ。
全くトンチンカンな返事をしてしまった。

店先にポスターとか貼ってないかなあ、とのぞいてみるのだけど、今の時点で何か店舗で広告展開してる様子もないですねー。
…と思っていたら、昨日帰りにポスターを飾ってる店を発見(白シャツのほうね)。
WIREDもLUKIAみたいにCM流してくれたりしないかなあ。
LUKIA×WIRED??
綾瀬はるかさん×福士蒼汰さん??なんて。
見れたら嬉しいけどー。

そういえば、直接WIREDのページにいくと、巨大な福士くんの写真が出てくるんだけど、それだけで商品とか全く見れない。
クリックしようとしても、写真のとこにビヨン、と戻ってしまう(あれ、うまく伝わってる??)。
WIRED f のページのからいくと、普通にいろいろ載ってるページにいくんですよね。
なんなんだろ、これ。




そしてこちら。
IMG_2444kn
別冊マーガレット。
ストロボのツイで知って慌てて購入。
いやー、マンガ雑誌なんて買うの何年ぶりだろ??(つくづく女子高生向けの映画だと認識)

残念ながら表ではなく裏表紙なのだけど(やっぱり連載中の作品を差し置いては無理だったんでしょうか)。
1話が掲載された小冊子(いわゆるよく本屋さんに置いてる、試し読みコミックです)、ふたりのコメントと映画のメイキング映像などの入ったDVD(ストロボだけじゃないので時間はちょっぴりですが)、などの付録つき。
本体にも、ふたりのインタビューが載ってます。
思ってたよりはストロボ特集感は少ないけど、というか福士くんの掲載が思ったより少ないけど、DVDとかありがたいかなあと(予告編も入れて7分だけだけど)。

付録のクリアファイル、イラストのみなのが残念~。
前売り券の時も書いたけど、反対側に映画の写真入れてほしかったなあ。
映画公開にあたっての、漫画のほうのストロボ・エッジの特集って感じの色合いのほうが強いかな。




あと、もう次号になっちゃってるかも?なんですが。
TSUTAYAのフリペに、先日発売された「イン・ザ・ヒーロー」の記事が掲載されてて、主演の唐沢寿明さんのインタビューがのってました(福士くんのインタビューは残念ながらないのだけど)。
その中で、福士くんの話もしてました。

「福士(蒼汰)や若いスーツアクターたちとも一緒に仕事をしましたが、みんな負けず嫌い。特に福士は、複雑な殺陣の稽古でも食らいついてくる。そういう部分は、若いころの自分に似ているなと感じましたね」

て、言っておられましたよー。


他にも [Alexandros] 川上洋平さんのお勧めDVDのコラムで、「イン・ザヒーロー」が取り上げられてました。
福士くんのこともちょろっと書いてました。

「福士蒼汰さんも演技とアクションを両方こなせるからスゴイ。」

お写真はどちらもはっきりアップで写ったものもないのだけど(ちっちゃく写ってるけど)、気になる1冊なので保存用にget。
て、こんなものまで集め始めると、キリないんですけどねー。


普段、細々とマイペースにやっているこのブログ。
しかし7日(とその前後)のアクセス数が見たことのない数字になっててびっくりした。
福士蒼汰パワーおそるべし。
せっかく見に来ていただいているのに、レポ的なものもあげてなくて、ちょっと申し訳ない感じですが。
レポは書くかなー、書かないかなー、ちょっとわからないけど。

とりあえず今日は別ネタです。



先日の『A-Studio』に、小栗旬さんが出演されてましたね。
出てきた瞬間の客席の歓声がハンパなくて、小栗さんって、相変わらずイケメン枠としても現役でいられるってホントにすごいなあ、なんて思いました。
そういう私も好きです

小栗旬さんは、舞台を何度か観に行ったことがあって。
初めて見たのが、『あかいくらやみ』という舞台だったのですが、出演者のなかでひとり群を抜いてスタイルがよくて。
頭がちーっちゃくて、背が高くて、際立っておりました。
(実は舞台自体はあまり好みの内容ではなくて、途中居眠りしてしまうという…)。

そして舞台が終わって捌けていくときに、近くの席のファンの方と思しきグループの女性たちが、

「旬くーん!」

って声をそろえて呼び掛けたんです。

そうしたら旬さん、上半身だけ振り向いて、ちょっと照れくさそうな感じで軽く手をあげて答えたんですね。
その何気ないしぐさが、とてつもなくキマりまくってて、
カッコイイ~
瞬間、心臓打ち抜かれました(笑)
『リッチマン,プアウーマン』で、石原さとみちゃん演じる真琴が、小栗旬さん演じる日向さんに離れたとこから指鉄砲でバーンってされて、「くーっ」って胸押さえるシーンがあったんですけどね。
「かっこよすぎだよぉ」ってね。
あれってこの気持ちだ、って思った(笑)


話を戻しまして。
番組の中で、小栗さんのご家族も紹介されていましたが、それで思い出したことがあって。

小栗さんが『BORDER』の番宣で『徹子の部屋』に出られてたときにも、舞台監督であるお父様の話をされてて。
指揮者の佐渡裕さんなんかとお仕事されてるなどなど。

で、私その何ヶ月かあとに、佐渡裕さんがプロデュースされるオペラを見に行く機会がありまして、その話を思い出したんです。

もしかして佐渡さんは、今回も小栗パパと一緒にお仕事されてるのかしら??
で、今日もいらっしゃっているのかしら??

ちょうど翌月には同じ劇場で、小栗旬さん主演の舞台『カッコーの巣の上で』がおこなわれることになっていて、それのチケを取ってたので、なんか、ちょっとずつ旬さんご本人に近付く的な?(なんのこっちゃ)。

などどミーハー心が疼き、もらったパンフレットの出演者やスタッフの名前の載ってるページをさがしてみた。
そしたら、舞台監督のところにはなかったんだけど、プロデューサーのところに小栗さんって名前が。
うーん、舞台監督って言ってたけど、どうなんだろう。
でも、小栗さん、って名前、結構珍しいと思うし、同じ業界にそんなにいないよねえ。
などど見ていたら、他の欄にも小栗さんがいる!
こちらは女性の名前なんで、もしかしてお母さんかな??
確か、バレエのセンセイされてたってインタビューで読んだことあったけど、関係あるのかな。

と、いろいろ気になりすぎるプログラムだったんですよねー。
って内容じゃねーのかよ(いや、当たり前だけどマイクなしでホール中に響き渡る声量と、歌うますぎて圧倒されてましたのよ)。

で、今回番組を見てて、気になってたモヤモヤを思い出して。
パンフレットをひっぱり出して、確認してみました。
プロデューサーさんはやっぱり小栗パパでした。
他に小栗さんって名字の女性がおふたりクレジットされてて。
通訳のところの小栗さんは、父が母にしようとした回し蹴りを腕でバシっと止めて夫婦喧嘩をやめさせたという、オトコマエのお姉さまでした。
旬さん、やっぱりオサレな家族をお持ちですねー。

だからなんだ、ってハナシなんですが、ずっと気になってたことが解決してすっきりしましたー。


いよいよ握手会が間近に迫ってきた。
しかし。
最近なんだかバタバタしており、まったく準備が進んでおらず、焦りまくり。
新幹線もまだ取ってないわ、気づいたらコンタクトの在庫切らしてるわ、腰痛になるわ
私、ちゃんと福士くんに会いに行けるんかしら…。


そう、その福士くん。
ビストロスマップでも、相変わらずスキのない受け答えで、世の女性の期待を裏切らない姿を披露しておられましたね。
私など、休日は一日中家でテレビ見てだらだら過ごすのが大好きな自堕落人間なので、福士くんの話を聞いていると、しんどくないのかな?とか思ってしまったりするんですが。
きっとこの方は、自分を律するのが好きなんでしょうね。

それにしても、テレビでも雑誌でも、福士くんに振られる話題は本当に代わり映えしないですねえ。

<家族><英語><筋トレ>+<好きな女性のタイプ>

がテッパンネタ。
ホットペッパーもこの3つだった。
せっかくの機会なので、きいたことない話を聞き出してほしいものです。
個人的には、ファミリートークからほのかに漂うマザコン(&シスコン)風味(笑)と、彼の語る女性観の妙に古風かつベタなとこ(笑)がいまいち苦手なので、余計に別のハナシをしてほしいところ。

今回も
「私やってます感出してる人が苦手」とか、また面倒なことを言っておられましたね(笑)
<料理を取り分ける>をやってほしいというのが前提にあるんだろうに、どうしてやり方とかヘリクツを言うんですかねー。
やってくれたら十分なんじゃないのぉ?
だって自分はやらないんでしょ?(笑)

ま、これ言いだしたらまた長くなるから、このへんでやめとこ(笑)


7日はめちゃめちゃ寒くなるそうだし雨が降るそうだし。
なんてこったい。
東京は最低気温3℃?!
って、真冬じゃん!
日曜は14℃まで上がると。
もー何着てこー。


そういえば、このまえやっっとストロボエッジのチラシをもらった。
映画館に行っても全然置いてなくてねー。
きいたら出してくれるんだろうけど面倒で何回も覗いてたんだけども、いいかげんしびれを切らしてきいたら1枚だけくれた。
なんつーケチくさいのかしら。
大量に持ってかれないように表に出してないみたいなんですけどね(前にもおんなじようなことあってたずねたらそう言ってた)。
公開も間近だというのに、そんなに置いといてどうすんのかしら。


とにかく!
もうすぐ福士くんに会えるのですよ~
バタバタし過ぎて実感できてないけど、あと3日

B_PfymTUoAALO8akn

うーん、なんて美しい姿。


『セカンド・ラブ』にハマってます
早く始まらないかな~と心待ちにしていたこのドラマ。
亀梨和也さん×深田恭子さんのキャスティングもいいですよね。
亀梨さん、なかなか好きでして、番組表で見つけるといつも録画予約(笑)
キザがサマになるというか、スター性ある方って好きなんですよねー。

こちらの地域では、金曜23時台は『探偵!ナイトスクープ』が鎮座しているので1時間ほど遅れてのスタートなんですけどね。土曜日になっちゃってます。

脚本は、『セカンド・バージン』の大石静さん。
セカンドバージンはちゃんと意味があったけど、セカンドラブって何が二番目の愛なのかようわからんぞ。
タイトルロゴまでセカバに似てる。
それと映像も。
画面が明るすぎない、肌の質感とか生っぽさの残る感じの映し方とか、セカンドバージンもこういう映像だったな~。
他局のドラマなのにちょっと意識し過ぎなんじゃ…。

セカンドバージンは好きだったけど、その後の彼女の描く濃ゆい恋愛ものドラマはなんだか迷走してる気がしてて。
最初おもしろそうと思って見るんだけど、途中で脱落とか、最終回が??みたいなことが多くて。
なんの火種もないのに突然病的な嫉妬心や猜疑心を発動しだして、そもそも発端がわからず、その狂気が意味不明でどうにものっかっていけず、とか。
今回もとっかかりが若干説得力に欠けるので、どうなんかな~と少し心配しつつも、初回からダダハマりです。

セカンドラブ1krm

亀梨さん演じる慶が深田さん演じる結唯に恋に落ちるきっかけは、劇的ではないのに盛り上がり方が急速で、なんかわかったようなわからんような。
運命云々より、シンプルに、一目惚れ、とか言ってくれたほうが納得いきやすいんだけど。

死にたい気持ちになっているときに、目に入った女性。
次は吸い込まれるように陸橋の柵に足をかけた瞬間にかかってきた電話に我にかえる。
そしてまた絶望的な気持ちになっているときに目の前に現れる。
必然か偶然か、その重なりに運命を感じてしまう。

単なる偶然だろ、と言ってしまうと身も蓋もないですが。
ドラマ的運命の出会いのようでもあり、恋愛とはそういう思い込みや浮かれた勘違いから始まってしまったりするもの、という両方のスレスレの描写のようでもあります。

校門前での待ち伏せも、ドラマの中では、携帯番号を渡した時以外ではその前の1回だけですぐ追い返されたと思ってたけど、ドラマの公式サイトのストーリーを読んでたら、毎日のように正門前に現れるようになったと。
こりゃ完全にストーカーです。
しかし。
普通の人がやったらストーカーでも、イケメンがやると情熱的な人、ってことでギリ乗り切れる、か??

まーでも、ちょっと強引かも、な持っていきかたも、この際よし。
だって何はともあれ、先が気になるから。
これぞ連ドラの醍醐味でしょう。


と言いつつ。
いろいろひっかかる描写も。

公務員が、安定してるけど単調でつまらない、って扱いも??
公務員って、今はかなり人気の職業で、採用試験も難しいはずだし。
あんなに卑屈な感じかしら??
「なんとかひっかっかた」っていうのもなんか違和感。
公務員の描写がなんだかふた昔ほど前の感じ。

あと、生徒たちに結唯があそこまでなめられてるのもなんでかいまいちよくわからない。
そして「女として終わってる」扱いがすごすぎる。
女性は年を重ねるごとに、女としてどころか、人権がすり減っていくかのような。
ていうか、ホントに実際生徒にあんな扱いされるってあるの…??
女子高特有の女同士の関係性??
もしそうなら先生ってほんとにタイヘンだな…。

そして反対に、結唯が生徒の若さをそこまで意識し、打ちのめされているのもいまいち理解できない。
こんな人、いる??


にしても、深キョンは、見た目とかスタイルとかを超越した可愛らしさがありますね。
今回も不器用でいてしたたかで、普通っぽくて、でもあのゆるフワロングを解き放つと(笑)爆発的な色っぽさを発揮。
慶との出会いから、どうして今まで栄えてなかったんだってくらい圧倒的な魅力を放っております。

セカンドラブ3kkm

早見あかりさん演じる綾子がダンサーとしての慶を必死で気遣ってるけど、だからってどうにもならない。
恋とはそういうモンダイではない、と一刀両断。
誰より慶の日常や将来を心配していようが、びっくりするくらい慶の眼中に入ってない。
夜中に押し掛けてくる結唯のほうが愛しく思われるんですよね。
その空回り感の描写が絶妙。

3話で、綾子に
「慶をダメにしたらあんたを殺すから」
って言われた結唯が、
「ダメにしません。だからあなたにも殺されません」
って返すとこ、好きです。
瞬間に眼の中に涙が滲んで、でも静かに感情が感じられない話し方。
修羅場になりそうなとこをさらっと、でも精神的修羅場?
綾子、完敗。


ふたりは独身同士だし、依存度の高い母親とか、気持ちが残りまくりの元カノとか、いろいろ障害はありそうなものの、(結唯が不倫してたとは言え)特に禁断の恋ってわけでもないし、それをこれからもどう激しく保って、というか、これ以上盛り上げていくのか。
なんでそんな騒いでるのか分からない、とならずに、説得力ある<激愛>が展開されることを期待。


研音肉体改造部の新記事。
いっぱいアップされているMEN ON STYLEの写真を見せられたら、また参加出来なかった悔しさがふつふつと…。
めちゃめちゃかっこいいじゃないか~!

ああ、いかんいかん。
終わったことを悔いても仕方のないことよ(と自分に言い聞かせる)。
kkm
特にこれが好き。
蒼汰さん、スタイルがよすぎる。



そして、福士くんが、3月から<SEIKO WATCH>の<WIRED>と<WIRED f>のイメージキャラクターに起用されるとのこと。

公開されてる写真、めちゃめちゃかっこよくないですか!
構図がいいわ~。椅子逆さ座りは、最強ですね(なんのこっちゃ)。
白シャツが似合いすぎる~。
下に軽くおろした手が!手が美しすぎるんですけど~!
手http
これこれ。
流れるようなラインが美しい。
だんだんヘンタイちっくになっていくワタクシ…。

seiko3r800http
福士くんオンパレードにしてみたり。
イメージは、駅とかで同じポスターが連続で貼られている壮観な図、的な。
こんな場所があったら、毎日前を通るわ。

綾瀬はるかさんも<SEIKO LUKIA>のイメージキャラクターされてるでしょ。
きょうは会社休みます。コンビだね♪
福士くんの起用は、やっぱりドラマのヒットにあやかってのことなんかしら??



ところで。
握手会について調べていて、こちらのブログに辿りつかれる方がいらっしゃるようなんですが。
どうやって行くのか的なことを検索されてる方がいるようなので、ちょっと書いてみときます。

・<福士蒼汰カレンダー2015.4~2016.6>の発売記念イベントとして、握手会が行われます。
・参加するには予約券が必要ですが、定員に達したため、すでに申し込みは受け付け終了しています。
・当日券の発売はないとのことです。



そうそう!カレンダーと言えば。
1106495232 600http
わーん、かっこよすぎる。
これが表紙ってことなんですよね??
こういう感じが表紙ってわりと予想外の雰囲気かも。
でも、普通っぽいのに色っぽくて素敵だ~。
シャツのボタンとか無駄に多く開けてなくていいです(笑)
俄然楽しみになってきた。


昨日、薬指の甘皮が気になって触ってたら端っこが浮いてきたので、いけるかも、とひっぱったら、案の定(?)深く取れ過ぎて痛い…。
なんか汚くなった爪の付け根を眺めて、福士くんにこんな手を差し出したくないわあ、と爪のお手入れを全然やっていないことを反省した。爪切りでばちばち切るし、甘皮は浮いてきたらカッターで削ったり(オイ)、ネイル塗っとけばアラは隠れるし、とりあえず大丈夫、みたいな。
それで、やりかたがよくわからなかったか面倒だったかで放置してた、ものすごく前に買ったお手入れセットがあったはず、と部屋を探し、見つけ出した。
道具は古くても別に問題ないとして、甘皮を浮かせるクリームは大丈夫なのか…軽く10年はたってる気がするけど、まあいっか、と説明書を見ながら甘皮取りに励む。
福士くんのおかげで、この道具たちもやっと日の目を見ることができました(笑)

そんなこんなで(どんな?)。
握手会チケゲットのほとぼりも冷め、3月7日のイベント当日を待つばかり、福士くんとの握手に向けて、毎日ハンドクリームをぬりぬり過ごす今日この頃。

ストロボエッジの公開が近付いてきたら、またたくさん番宣に出演するだろうし、連動企画であるアオハライドの前例からすると、ストロボエッジも鬼のようにCMが流れるだろうけども。
あ、日本アカデミー賞の授賞式も今月末にあるけど。
今のとこ、福士くんで盛り上がれることが少ない!
うーん、雑誌やCMと、振り返りだけだと物足りない。
ので画像をちまちまいじくったりしています。

01211957_54bf86027ac80k600m5s1cデカ
フードをかぶってて、添える手も美しい。
かなり好みの1枚

01211956_54bf85f1dbb5ekk600shttpm

カレンダー、どんな感じでしょうねえ。
公開されてるお写真からも期待できそう
とか言いつつ、実はカレンダーを飾る習慣ないんですけどね。
ぶっちゃけ、握手会がなかったら購入してないと思う(笑)
時折取り出して、眺めて楽しむ感じになりそうだな、きっと。
あ、でも今回は、はからずも(笑)予備分も購入になるので、飾る用、保存用で使うべきよね。

せっかくなら卓上タイプより、壁掛けタイプでおっきなポスターサイズがいいな~と思う私。
写真がデカければデカいほど嬉しいもん。
でも、ある俳優さんのファンの方が、卓上じゃないとダンナの目から隠せないから困る、って言っているのを聞いて、あ、そういう要望があるんだなあと初めて知った。
福士くんは、きっと年上のファンの方も多そうだものね。
卓上タイプなら、ページ数がたくさんの日めくりカレンダーならもっとよかったのにな~。

福士くんのファン層って、10代の女子とかが多いのかしら。
4月始まりなのは、やっぱりそのあたりの生活習慣に合わせてるんですよね?
私個人としては、今となっては4月始まりって全然ピンとこなくて(笑)


そういえば。
最近よく見るauの日本昔話なCM。
おもしろいな~と思ってたけど、ふと、
「あれ、福士くんてどうなったんだろ??」
と。
たぶん今さらですよね(笑)、みなさん気づいていたはず。
オフィシャルサイトを見てみたら、出演CMの欄にも掲載されておりませんでしたので、やっぱりもう終了かあ。
とりあえず先月に予備のカタログはもらいに行っておいてよかったわ。
前にもらってたカタログは切り抜いて手帳に貼っちゃってたので。

↑このページのトップヘ