イケメン追っかけブログ♪

福士蒼汰くんを中心に、興味のあるイケメン(+美女)やドラマについてつらつら綴っています♪

カテゴリ: 戯言


ひさびさの更新です。半年ぶりくらい?

今日は嬉しいことがあったから!

本日発売の大原櫻子ちゃんのライブチケ、無事とれた~。わーい。

彼女のデビュー作、『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を見てから好きなのだー。
この映画は好きすぎて映画館に2回観に行った。
(同じ映画を2回以上映画館に観に行くというのは、私にしたらものすごく珍しいことなのだけど、自分のファンの人が出てる作品を5回6回と観に行くのってわりと普通らしいですね。)

昔から音楽の絡むお話に弱いのです。
中島美嘉ちゃんのデビュー作『傷だらけのラブソング』も好きだったしなー。
のだめとかも。

映画のサントラも良く聞いてたし(三浦翔平くんの歌もよいのだ。彼はなんでも器用にこなせる人だな~)、もちろん櫻子ちゃんのアルバムも。
いっぺんライブに行ってみたいと思いつつ、なかなかタイミングが合わず。
最近立ち見とかしんどいので(笑)、今回は普通のホールでやってくれるので、ついに参戦決定。

しかし、昨晩夜更かししてしまっって、まさかの寝坊。
それでもなんとか10時前にスタンバイ出来て、なんとか確保できました♪
席は、うーん、あんまよくないけど、取れただけでもありがたし。
あとすぐに売り切れになってしまってたようだし。

楽しみだ~。


すっかり日にちがたってしまいましたが。

6月5日、6日に、神戸三宮映画祭というのが行われていて、参加してきました♪
映画上映と、舞台挨拶やトークショーなどいろんなイベントが行われる映画祭なんですが、私は2日目に行ってきました。

いくつか見たなかで、「ふたりのきっと、」という映画の上映会について書きます。

この映画、山田裕貴くんが出演されてて、舞台挨拶に来るというので見てきました♪
山田裕貴くんといえば、「ストロボ・エッジ」の安堂くんですね
私はダントツ安堂くん派でしたので(蒼汰さん、ごめんよ)、見たい見たい~と楽しみにしておりました。



最前列はあけてて、2列目から客席でしたが、私が入った時には前のほうはすでにぴっちり埋まっていました。
とはいえ、「ふたりのきっと、」の上映がおこなわれたのはかなり小さめのシアターで、全部埋まっても70席もないところだったので、確か4,5列目くらいに座れて、前を見た瞬間、近っ、って思った。

まず、司会の方からお話があって、いよいよ裕貴くんが登場~。
上手寄りの席だったんですが、司会の人が下手側、裕貴くんが上手側に立ってくれたのでラッキー。
ていうか、再び近っっ。
大きなスクリーンみたいにスクリーンと客席が離れてなくて、すぐそこにいる感がハンパない。

裕貴くんの服装は、えーと、何て言ったらいいんだろ、黒を基調としたタテヨコの模様の入ったスーツに、素足(かスニーカーソックス)に、緑だっけ??青だっけ??かのヒモの付いた黒い靴、に黒いハット帽をかぶってました。

生の裕貴くんを見た第一印象は、テレビや映画で見てたのと一緒、という感じ。
服装もシンプル系じゃなくて作りこんだおしゃれな感じなので、安堂くんまんまでカッコイイ~。

司会の方に、山田さんは昨日も別の作品で挨拶されていたのですが、昨日は監督さんのパワーに圧倒されてましたね、って言われて、人見知りが出てしまった、みたいなことを言っていました。
そうか、ああ見えて裕貴くん、そんな一面が。

この作品はすでにyou tubuで公開されているもので、ご自身でも何回も見直されたりしてるんですか、って話からだったと思うんですが、自分で観て再生数上げたりしてる、って言ってた。
せっせとやって、これで12回増えた、とか(笑)
見直して、反省することもあるし、みたいなことも言ってたかな??

観たことある方!って言われて、
すんません、私、この映画祭があるまでこの作品の存在を知らなかったのもので…。
手をあげてない人もわりといて、裕貴くん、客席見て、観てない方も結構…ってみたいに言ってた。
これから再生数に貢献するね。


今日は大画面で観られるので、細かいところでここは注目してしてほしいというようなところはありますか?には、

座ってるシーンで、そのへんの木の枝を拾っていじってるとこ(実際にやって見せてくれた)。
特に脚本や監督さんの指示があったわけじゃなくて、自分で考えてやったって言ってました。

じゃあみなさん、そこに注目してくださいね、みたいになって、

そこが注目じゃないですよ!全体を通して楽しんでもらいたい!というようなことを言ってました。


そして、

今日は一緒に観て頂きます。

って、裕貴くんがいちばん前の席に着席。
ちゃんと帽子を取ってたよ。

思わず後ろ姿のぞきこんだら、隣の人も全く同じ動きをしてて(笑)顔を見合わせて笑いあった。

てかいいなー真後ろの人。
めちゃめちゃ近いし!においとか嗅げそうなくらいじゃない??(ヘンタイ…)
2列目ばっちり確保してるってことはかなりのファンの方だろうし、きっと画面そっちのけで後頭部鑑賞だよね(笑)

内容は、桜井美南ちゃん演じる地層好きの受験生の美波と、大学生の山田裕貴くん演じる勇人。
幼馴染みのふたりが、受験に悩む美波を軸に展開する、受験生への応援とふたりの恋愛のゆくえを描いた作品です。

それぞれを主人公にした「美波のきっと」と「勇人のきっと」の15分ほどの短編の2本。
可愛らしい作品で、青春っていいわ、みたいな(笑)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


そして鑑賞後、拍手の中、裕貴くんが再び前に立って、そして、もうひとりの主役、桜井美南ちゃんが登場。
去年テレ東系の連ドラの「謎の高校生」でヒロインをしていた彼女。
このドラマ好きで観てたから、楽しみだったのだ。

桜井美南ちゃんは、テレビや今さっきの映像とくらべて、なんか全然印象が違う!
髪型が違うせいもあるけど、映像で見るより、ふたまわりくらい小柄で華奢だわ。
顔も、きっと学生の役でメイクもあまりしてなかったんだろうと思うけど、ちゃんとしてるとだいぶ感じが違う。

美南ちゃんが出てきて、お互い、あー、みたいな感じで、自然にひさしぶり~、っていう雰囲気が感じられてよかったな。
そして、向かって左から、司会の人、美南ちゃん、裕貴くん、という配置で用意されたスツールに座る。
ちょうど私の正面に裕貴くんが!ラッキー♪

そして、ちょうど席が高さ&位置的に目線が来るとこだったようで、こじんまりとしたとこなんで、気のせいじゃなくてマジでトーク中客席に視線をずらした裕貴くんとバチっと目があってしまい、あせってそらしてしまった。
私のバカ!
でも見つめ返すとかいう勇気もなかったんですよね。
そのあともどうしていいかわからんので合わないようにしたが、あとから考えたらじーっと見つめ返せばよかったわ。
いろいろ見に行ってるけど、全く視界に入ってない状態で勝手に遠くから眺めるという図式に慣れ過ぎたのか、予測できない事態に弱い私。


そして美南ちゃんはめちゃおしゃべりな子だった。
えーと、どんな話してたかな??

この作品の中では告白しますけど、実際はどうですか、みたいなことを聞かれて、

裕貴くんは、

言いますね。抑えられなくなったら言います。

ですって

美南ちゃんも言う、ってことでした。
ある程度のとこまでいったら、相手が言うの待ってられない。
あまり積極的なタイプの人を好きになったことがないからかもしれないけど…というようなことを言ってました。


勇人が、美波の家に、おじいちゃんから頼まれた受験がんばれ~のメッセージキットカットと(ネスレの公式チャンネルで公開されてる作品なので)近所の肉屋のおじさんに託されたコロッケを持って美波に届けに行く。
お母さんが出てきて、渡して帰ろうとしたところ、

自分で渡してやってよ。
わたしこれから出かけるの。
今夜は遅くなるから。
なんかあってもいいから

とか言われ

えー??? え~

って言うシーン。

裕貴くん、ウケるだろうなと思ってたけど、笑ってもらえてよかった、って言ってたかな。


そっから美波の部屋に行ったら、美波が短パンの部屋着で床に転がって、脚広げて口あけて寝てるシーン。
美南ちゃんはやっぱり恥ずかしかった、みたいに言ってて、裕貴くんは、目はいっちゃいますよね、って言ってた(笑)



上映前の舞台挨拶に、上映後のトークショーまであって、めちゃめちゃ贅沢な時間でした
わー、会ってみたい、って感じで行ったけど、かなり楽しかったです











またまた勝地涼さんじゃないですか

ていうか、勝地くん、なんで出たんだろう。
何か映画公開します~、的なアナウンスもなかったですよね。
ドラゴンの宣伝のために出たんならすごい。

急にメジャーどころで宣伝始めたなあ。
なんか、密かな遊びでやってる感じで、あえて世間にはおおっぴらに公言してないのかと思ってた。
ていうか、今度の第3弾のうた、歌詞が特にヒドイと思うんだけど(笑)大丈夫なのか??、と思っていたら、本人もノリノリみたいだし、事務所もオッケーみたいだし。
勝地くんも事務所も、なんて懐が深いのかしら。
イメージ必死で作らなくても、俳優として自信があるってことなのかな??(笑)

歌詞はこちらで見られます↓
http://www.allnightnippon.com/gold/910/

紅白トップバッター狙ってますから!
年末、まさかの…??
官藤さんと勝地くんて組み合わせ自体はNHK受け悪くないはずだし??


そしてまさかのミニチュア好き発覚!
大いに理解できるけど~。
だってあれって完全にお人形遊びよね。
子供の時やったやつ!(主に女子が)。
ちゃちいのより、精巧なのがほしくなってくるのも。
シルバニアファミリー思い出す(今もあるのかな?)


勝地くん、蜷川さんでシェイクスピア。
あるのかな??
実は決まってるとか??
あったら行く!(大阪とか来てくれたら)。
でも最近何かと体調が芳しくなさそうでらっしゃる蜷川さん、「NEWS ZERO」で放送された藤原竜也さんのハムレット舞台稽古の風景でも、なんかすごい姿でビビった。
それで、迷ってたけど、次ないかもしれん、今行かないと、って思ったんですよね。
勝地くんのも実現するのかな??


勝地くん出てたらチェックせずにはいられない(笑)
もうそろそろ勝地くんのカテゴリ作ったほうがいいのかな~。


は~、コブクロのチケ、無事取れた・・・。

大阪城ホール2daysとも捕獲完了。

毎回気合入るわ。
今日は仕事休み取ったからね。

本当は7月の京セラドームも行きたかったけど、今回はドームの日程は仕事で無理だったので、悔しいから城ホール2日とったった。


おふたりの歌は、何回聞いても本当にうた上手過ぎで素晴らしくてさ、いつだっけかの城ホールで聴いた『流星』でひとりダダ泣きしたわ。

去年の京セラドームでのツアーファイナルで小渕さんが披露してくださったアナ雪(「Let It Go」)が、あの日個人的にはいちばん聞けてよかった~、なレアな経験だったな。
上手い方って、人の歌でも、なんだったら本人以上に歌ってしまわれますね。
高音もなんのその(いや、まあ、やはり苦しそうではあったけど)。
また聞きたいなー。
めちゃめちゃよかったんだもの!

その時は席が死ぬほど悪くて、ドームの3階だったんだけど、めっちゃ高いとこで、友達と「立つの怖くない??」って、ずっと座ってた。
コンサート終わって立ちあがったら、あの野球観戦用のかったい椅子に3時間半(確かそれくらい。コブクロのライブは毎回長い)座って立ちあがったら、脚が固まってしまってて、なんか股関節がしばらくおかしかったわ。


そういえば、今回ってニューアルバムは発表はなかったのね。

とにかくとにかく、取れてよかった。

これでまた夏までの楽しみが出来たわ。
こういうのが私の活力源なんだもん。

楽しみだ~っっ。

って、イケメンと関係ないこと書いてる??←ってそれもまた失礼。


楽しみにしていた今日の(もう昨日ですが)のA-Studio。
あの勝地涼さんがゲストです

とか言って、朝ドラを見る習慣がないので、前髪クネ男、初めて見ました。
すみません。

いやいや。
でも『宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD』リスナーとしては、食いつかないわけにはいかないでしょ、てことで。
エピソードは、ラジオ等で聞いたことある内容がけっこうありました。


そして今日の話の中でも出てきていた、歌手・勝地涼さん。

宮藤さんの番組の中のコーナーで、リスナーから歌詞を募って、プロのミュージシャンのかたが曲をつけて、すでに2曲リリース済み。
いや~、それにしても、まさかこんなメジャーな番組の中で、ドラティが、下駄が、紹介される日がこようとは。
プロデューサーの宮藤さんがAスタ出たときだって、まったく触れなかったというのに。



1曲目の<ドラゴン気取りのティーンネイジ・ブルース>
PVがこちら。



調子っぱずれが何とも言えずステキです。



番組では、現在3曲目を製作中。
作曲はクレイジーケンバンドの横山剣さん。
歌い手は、もちろん次も勝地涼さんです。
ちなみに今回のアーティスト名は、<勝 勝次郎>に決定。
勝新、みたいな感じで、カツカツ、って呼ぶんだそーです。
毎回名前が変わるから、毎回ファーストシングルです。




◆1曲目の『ドラゴン気取りのティーンネイジ・ブルース』 
作曲:YO-KING(真心ブラザーズ) 歌:涼 the graduater

キャッチコピーは「弟になってもいいですか」

http://recochoku.jp/artist/2000202156/

https://itunes.apple.com/jp/album/id834912556
ドラゴンhttp



◆2曲目の『下駄を鳴らしてセプテンバー』
作曲:向井秀徳(ZAZEN BOYS) 歌:ラブ地涼 feat.中島美嘉

キャッチコピーは「俺、歌うまくなっちゃった」

http://recochoku.jp/song/S1000871573/
https://itunes.apple.com/jp/album/id929395376
http://mora.jp/package/43000001/4560427283951/
60441-1021gshttp
まさかのfeat.中島美嘉。
中島美嘉さんが振り切っててサイコーです。



2曲合わせて1万ダウンロード達成で、3曲目のリリースが決まる、ということで、毎週ダウンロード数を発表中。
ご興味のある方は、よろしければダウンロードなどよろしくお願いします
って、私は一体何者なんだ(笑)

↑このページのトップヘ