イケメン追っかけブログ♪

福士蒼汰くんを中心に、興味のあるイケメン(+美女)やドラマについてつらつら綴っています♪

タグ:舞台挨拶


すっかり日にちがたってしまいましたが。

6月5日、6日に、神戸三宮映画祭というのが行われていて、参加してきました♪
映画上映と、舞台挨拶やトークショーなどいろんなイベントが行われる映画祭なんですが、私は2日目に行ってきました。

いくつか見たなかで、「ふたりのきっと、」という映画の上映会について書きます。

この映画、山田裕貴くんが出演されてて、舞台挨拶に来るというので見てきました♪
山田裕貴くんといえば、「ストロボ・エッジ」の安堂くんですね
私はダントツ安堂くん派でしたので(蒼汰さん、ごめんよ)、見たい見たい~と楽しみにしておりました。



最前列はあけてて、2列目から客席でしたが、私が入った時には前のほうはすでにぴっちり埋まっていました。
とはいえ、「ふたりのきっと、」の上映がおこなわれたのはかなり小さめのシアターで、全部埋まっても70席もないところだったので、確か4,5列目くらいに座れて、前を見た瞬間、近っ、って思った。

まず、司会の方からお話があって、いよいよ裕貴くんが登場~。
上手寄りの席だったんですが、司会の人が下手側、裕貴くんが上手側に立ってくれたのでラッキー。
ていうか、再び近っっ。
大きなスクリーンみたいにスクリーンと客席が離れてなくて、すぐそこにいる感がハンパない。

裕貴くんの服装は、えーと、何て言ったらいいんだろ、黒を基調としたタテヨコの模様の入ったスーツに、素足(かスニーカーソックス)に、緑だっけ??青だっけ??かのヒモの付いた黒い靴、に黒いハット帽をかぶってました。

生の裕貴くんを見た第一印象は、テレビや映画で見てたのと一緒、という感じ。
服装もシンプル系じゃなくて作りこんだおしゃれな感じなので、安堂くんまんまでカッコイイ~。

司会の方に、山田さんは昨日も別の作品で挨拶されていたのですが、昨日は監督さんのパワーに圧倒されてましたね、って言われて、人見知りが出てしまった、みたいなことを言っていました。
そうか、ああ見えて裕貴くん、そんな一面が。

この作品はすでにyou tubuで公開されているもので、ご自身でも何回も見直されたりしてるんですか、って話からだったと思うんですが、自分で観て再生数上げたりしてる、って言ってた。
せっせとやって、これで12回増えた、とか(笑)
見直して、反省することもあるし、みたいなことも言ってたかな??

観たことある方!って言われて、
すんません、私、この映画祭があるまでこの作品の存在を知らなかったのもので…。
手をあげてない人もわりといて、裕貴くん、客席見て、観てない方も結構…ってみたいに言ってた。
これから再生数に貢献するね。


今日は大画面で観られるので、細かいところでここは注目してしてほしいというようなところはありますか?には、

座ってるシーンで、そのへんの木の枝を拾っていじってるとこ(実際にやって見せてくれた)。
特に脚本や監督さんの指示があったわけじゃなくて、自分で考えてやったって言ってました。

じゃあみなさん、そこに注目してくださいね、みたいになって、

そこが注目じゃないですよ!全体を通して楽しんでもらいたい!というようなことを言ってました。


そして、

今日は一緒に観て頂きます。

って、裕貴くんがいちばん前の席に着席。
ちゃんと帽子を取ってたよ。

思わず後ろ姿のぞきこんだら、隣の人も全く同じ動きをしてて(笑)顔を見合わせて笑いあった。

てかいいなー真後ろの人。
めちゃめちゃ近いし!においとか嗅げそうなくらいじゃない??(ヘンタイ…)
2列目ばっちり確保してるってことはかなりのファンの方だろうし、きっと画面そっちのけで後頭部鑑賞だよね(笑)

内容は、桜井美南ちゃん演じる地層好きの受験生の美波と、大学生の山田裕貴くん演じる勇人。
幼馴染みのふたりが、受験に悩む美波を軸に展開する、受験生への応援とふたりの恋愛のゆくえを描いた作品です。

それぞれを主人公にした「美波のきっと」と「勇人のきっと」の15分ほどの短編の2本。
可愛らしい作品で、青春っていいわ、みたいな(笑)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


そして鑑賞後、拍手の中、裕貴くんが再び前に立って、そして、もうひとりの主役、桜井美南ちゃんが登場。
去年テレ東系の連ドラの「謎の高校生」でヒロインをしていた彼女。
このドラマ好きで観てたから、楽しみだったのだ。

桜井美南ちゃんは、テレビや今さっきの映像とくらべて、なんか全然印象が違う!
髪型が違うせいもあるけど、映像で見るより、ふたまわりくらい小柄で華奢だわ。
顔も、きっと学生の役でメイクもあまりしてなかったんだろうと思うけど、ちゃんとしてるとだいぶ感じが違う。

美南ちゃんが出てきて、お互い、あー、みたいな感じで、自然にひさしぶり~、っていう雰囲気が感じられてよかったな。
そして、向かって左から、司会の人、美南ちゃん、裕貴くん、という配置で用意されたスツールに座る。
ちょうど私の正面に裕貴くんが!ラッキー♪

そして、ちょうど席が高さ&位置的に目線が来るとこだったようで、こじんまりとしたとこなんで、気のせいじゃなくてマジでトーク中客席に視線をずらした裕貴くんとバチっと目があってしまい、あせってそらしてしまった。
私のバカ!
でも見つめ返すとかいう勇気もなかったんですよね。
そのあともどうしていいかわからんので合わないようにしたが、あとから考えたらじーっと見つめ返せばよかったわ。
いろいろ見に行ってるけど、全く視界に入ってない状態で勝手に遠くから眺めるという図式に慣れ過ぎたのか、予測できない事態に弱い私。


そして美南ちゃんはめちゃおしゃべりな子だった。
えーと、どんな話してたかな??

この作品の中では告白しますけど、実際はどうですか、みたいなことを聞かれて、

裕貴くんは、

言いますね。抑えられなくなったら言います。

ですって

美南ちゃんも言う、ってことでした。
ある程度のとこまでいったら、相手が言うの待ってられない。
あまり積極的なタイプの人を好きになったことがないからかもしれないけど…というようなことを言ってました。


勇人が、美波の家に、おじいちゃんから頼まれた受験がんばれ~のメッセージキットカットと(ネスレの公式チャンネルで公開されてる作品なので)近所の肉屋のおじさんに託されたコロッケを持って美波に届けに行く。
お母さんが出てきて、渡して帰ろうとしたところ、

自分で渡してやってよ。
わたしこれから出かけるの。
今夜は遅くなるから。
なんかあってもいいから

とか言われ

えー??? え~

って言うシーン。

裕貴くん、ウケるだろうなと思ってたけど、笑ってもらえてよかった、って言ってたかな。


そっから美波の部屋に行ったら、美波が短パンの部屋着で床に転がって、脚広げて口あけて寝てるシーン。
美南ちゃんはやっぱり恥ずかしかった、みたいに言ってて、裕貴くんは、目はいっちゃいますよね、って言ってた(笑)



上映前の舞台挨拶に、上映後のトークショーまであって、めちゃめちゃ贅沢な時間でした
わー、会ってみたい、って感じで行ったけど、かなり楽しかったです











先日、大阪で行われた、綾野剛さん主演『新宿スワン』の舞台挨拶に参加してきました~♪

綾野剛さんに会える!
これはぜひ行かねば!と、かなり楽しみにしておりました。

綾野さんは、あの雰囲気と、声と話し方、そしてなんといっても演技力が魅力です
あと、バラエティに出ているときに見せる独特の感性と、落ち着いたトーンなんだけど意外とよく喋る、そして、ちょっと違う感覚の受け答えで、いつの間にか自分の空気にしてしまう。
存在感があって素敵なかたですよね。



先週の金曜日。
場所は梅田にある映画館、TOHOシネマズ梅田。
30分ほど前に向かうと、エレベーター前には同じ目的と思しき人達がたくさん。
8階まで上がって降りると、すぐ映画館です。


エレベーターを降りて右手のグッズ売り場にさっそく飾ってあったポスター。
IMG_2543http



エレベーター横のフライヤーとか置いてるとこも。
IMG_2541http


売店も新宿スワン仕様。
IMG_2540http
IMG_2534http
IMG_2533http
サイン



ハイ、そしてシアター前。
IMG_2531http

かなり後ろのほうだろうな~とは思っていたけど、座席を確認したらいちばん後ろだった。
あぶなかった~、なんとか滑りこみ!だったのね。

747席、満席です。
19:00開演予定、2、3分ほど遅れのほぼ時間通りで始まりました。
まず司会者のかたがひとしきり喋り。

そしていよいよ…
キャストのみなさんがサイド扉から登場!!

まずは綾野さんから。

「剛く~ん!!」

等々の声が飛ぶ中
私も思わず大きく手を振り振り。
お初にお目にかかりますが、やっぱ綾野剛さん、スラッとしててかっこいいわ~
次は、確か山田優さんだったかな??ほっそくてテレビで見るあのまんまです。
で、金子ノブアキさん、最後にプロデューサーの山本又一郎さん、の順番だったと思います。
すでに記憶が相当曖昧に(笑)


最初の質問は、おなじみというか、

大阪どうですか??大阪の印象は??

といったこと。

綾野さんは

日本で関西が一番好きです。

なんて言ってくれてました。

理屈がないじゃないですか。細かいことはいいんだよ!っていうジメジメしてないカラッとした気持ちよさがありますよね、ですって

金子ノブアキさんも、アメ村で明石焼きが美味しい行きつけのお店があって、朝まで飲んでは新幹線に何度も乗り遅れたことがある、っておっしゃってました。

まあ、関西(他の地域でも)どうですか??って聞かれて、あんまり好きじゃないんですよね~とか言う人はいないと思うけど。
関西でこういう質問された方はだいたい、食べ物か人柄(もしくはその両方)を褒めてくれる(笑)

山田優さんも、粉モン好きだし、沖縄と気質が似てて親近感がある、みたいなことを言ってました、ていうか、ちょっと言わされていたような。


綾野さんの金髪は地毛で、マットなシャンプーを使って、トリートメントやリンスは一切使わずで、ゴワゴワにして天パー仕様にしたとのこと。
ゴワッゴワで髪の毛なくなるんじゃないかってくらいだったそうで。
そういえば、以前、この映画にも出演されてる山田孝之さんが、なんの作品だったか忘れたけど、金髪の役で伸びてくるたびに脱色を繰り返してたら、髪の毛がごっそり抜けた、って話をされてたのを思い出した。
黒髪を無理矢理金髪にするのって、ほんっとに髪に相当なダメージを与えるものなのね。


そして今回の舞台挨拶は、なんと写真撮影OK!だったんですよね!
もちろん、いつでもいいということではなかったけど、時間をもうけてくれました。

綾野さんが

マスコミの方のはもちろん仁義を通さないといけないんですけど、

って言い始めて、
来場者も写真撮影してもらっていいと。

よかった~、デジカメ持って来てて。
でもなんといってもいちばん後ろからで遠いから、なかなかうまくピントも合わせられなくて。
思いっきりズームで撮ったヤツはボケボケで。
しかも横向きとかばっかだし。
全然うまく撮れなくて、あっという間に時間終了~。

一応写真載せますが、まあ、雰囲気だけってことで。
SNSで拡散してください、って言ってたので、もっと前のほうの席でキレイに撮った画像がいっぱい出回ってると思いますので、そちらでご確認ください(笑)
IMG_2538http
IMG_2536http
IMG_2535http


そして綾野さん、
最後にメッセージを、に対して、

新宿スワンはまだ完成していません。
皆様に観ていただいて本当の完成になります。
この作品は第三者の目が必要になってくる作品です。

というようなことを話されて、あ、なんかいいなあ、と思いました。
観客におもねるわけではないけど、独りよがりではない姿勢みたいなのが伝わるなあと。

そして、

最近、壁ドンとかそういうのが流行ってますが、皆様そろそろ刺激的な映像が恋しくなってきた頃かと思います。

と言っておられました。

お、言うね、綾野さん挑戦的、とか思いつつ(笑)
ま、確かに、壁ドンもここまで話題になったら、当分使えないでしょうしねえ。
私だって年中胸キュンラブストーリーみたいなのばっかり見てるわけじゃないよ(笑)

プロデューサーさんも、最近『アナと雪の女王』が流行ったり、世の中が浄化されて、激しいものを見たくないような風潮を感じた、とおっしゃっていて。
綾野さんや他の皆さんも、映画の送り手として、そこに一石を投じたい、みたいな気持ちがあるのかな??
なんて、思ったり。


なんていうか、自分の言葉で話してると感じたし、熱量が高い方で、綾野さんの、この作品のことを伝えたい、って気持ちがものすごく伝わってくる、いい舞台挨拶だったなあ、と思いました。

19:29に舞台挨拶は終了。
ほぼ30分間でしたが、他のみなさんもたくさんお話ししてくれて、かなり見ごたえのあるイベントでした。


もう1ケ月以上前になってしまいますが。
先日、映画『小野寺の弟、小野寺の姉』の舞台挨拶つき先行上映というのに参加して、初めて向井理さん(と片桐はいりさん)を生で鑑賞してきました~。
忘れないうちに記録しておこうかと(もう忘れかけてるけど)。


場所は大阪ステーションシネマ。
当日、スニーカーから持って行ってたハイヒールに駅前のトイレで履き換えて(え、そこまで?笑)、化粧直しもバッチリすませてスタンバイ(やっぱイケメンを拝見するときはちゃんとしときたいんです!笑)
しかし上映開始時間になってもなかなか映画は始まらず。
今回は上映後、舞台挨拶、という順で(次の回は上映前に挨拶)、おふたりの到着に合わせて、上映開始を調整してたのかな。
まあ、そんなこんなで15分位だったかな?遅れて上映開始。

内容は、観る前は向井さん目当てで映画はそんなにすごく観たいと思っていたわけではなかったんですが、なかなかおもしろかったです。
隙のないイケメンの向井さんも不思議と冴えない男に見えたし。
ま、やっぱりはいりさんの存在感は圧倒的でしたが(笑)
ありえない組み合わせのきょうだい設定も、意外に馴染んでいたかも。

で、映画終わったら、わんさか誘導されて劇場内に入ってくる人たちが。
挨拶のみ観に来る人も多いんだな~。
上映中は結構パラパラ空いてた座席も満席に。

で、いよいよふたりの登場!!

ふたりが並ぶと本当に向井さんの顔がちっちゃいの(笑)
私の席は後ろから数えたほうが早いような場所だったんですが、はいりさんはまだ表情とかわかるんだけど、向井さんは顔ちっちゃすぎて、残念ながら肉眼では表情まではあまりよくわからないの。
昔は舞台俳優さんて顔が大きいほうがいいとされていたって聞いたことあるけど、その理由が今回わかった気がする(笑)大きいほうが後ろの方のお客さんまで表情が伝わるからなのね。
映画館て、言ってもホールとかよりだいぶ狭いし、かなり近くに見えるんじゃないかとすごく期待していたんですが、やっぱりうしろのほうだとオペラグラス必須。

司会の方はなんというか、よくある、大阪の人は、派手好きで押しが強くてすぐ触ってきておしゃべりで、客席からもすぐに話しかけて来ますからね~、的な話に持っていこうとする感じで。
ああいうふうに言われても、相手も返答に困るんじゃないかといつも思うんですけどねー。
あ、でも向井さんに「メガネ取って」って声が客席からかかって外してくれてたけども(笑)
はいりさんが、向井くんは関西のDNAが入ってるのよね、っていい感じに話広げてくれて。
向井さんのお父さんが関西の出身だそうで、親戚もいるんで、子供の頃はよく来てて、大阪湾で釣りしたり、白浜に行ったりしてました、って答えてました。
聞いたことないエピソードを引き出したナイスアシスト!なはいりさん。
そういえば後日、『ボクらの時代』でお父さんの出身地は和歌山県だって言ってました。だから白浜かあ。
はいりさんは、大衆演劇が好きで、劇場のある新世界あたりをうろうろしてるって言ってました。

そうそう、なんか劇中に出てくるクリスマスツリーがお披露目されてました。
最初白い布がかけられたものが舞台上に置いてあって。
ふたりで布を外してじゃーんって感じで。
まあ、それはそこまで盛り上がってなかったけど(笑)

おふたりはこの映画の舞台挨拶はすでに何回かされてたみたいだけど、映画上映後というのは初めてで、映画を観た反応がわかるのが緊張するというようなことを言ってました。

司会の人が、マスコミの写真撮影があるのでしばらくお持ちください、って言うんで終わったらまた続きがあるのかしらと思っていたら、お時間が来てしまいました、って、えー!!みたいな。
以前一度だけ舞台挨拶というものに行ったことがあって、その時は舞台上にスチール椅子が用意されてて、出演者さんたちがけっこうがっつりトークしてくれて、そういうものだと思って行ったら、その日はあっと言う間に終わっちゃいました。
たまたま通路側の席だったので、もしかして下に降りて来てくれる的なサプライズがないかとか勝手に期待してたけど、そんなことも特になく(笑)

ま、とはいえ、公開前にご本人たちの挨拶つきで映画観られただけでもうラッキー☆楽しかった♪
こういうのって東京近郊ではよくあるみたいだけど、それ以外だとなかなか機会ないですよね。
また来てください~。

そういえば、帰りに映画のフライヤーをもらって帰ろうと、上映前に見かけたいろんな映画のチラシを差してるラックに行ったら、この映画のチラシを差してたところだけ空っぽなんですよ。
ごっそり持って行かれてるの。
多分100枚単位くらいで置いてたと思うんですけどね~、びっくり。
もうひとつの棚に行ったら、そこも一か所だけ空っぽになってる。
もー、どーなってんだ。
こういう人がいるから、たずねないとフライヤー出してくれなかったり、ひとり2枚まで、とか言われたりするんだからね、ブツブツ。

何か当日の舞台挨拶の記念になるような看板なりポスターなりが出てないかと探してみたけど、スクリーン入口にあったこれくらいでした。
IMG_2046 http300


↑このページのトップヘ